スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<南アW杯>日本生まれ北朝鮮2選手 開いた扉、懸命の一矢(毎日新聞)

 【ヨハネスブルク(南アフリカ)野村和史、ジョージ(同)江連能弘】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で15日、44年ぶりに出場した北朝鮮代表として、日本で生まれ育った2人のJリーガーがピッチに立った。川崎フロンターレのFW鄭大世(チョンテセ)選手(26)と、大宮アルディージャのMF安英学(アンヨンハク)選手(31)。強豪ブラジルに1-2で敗れはしたが、夢の舞台で懸命のプレーを見せた。

 ヨハネスブルクのエリスパーク競技場。試合開始前に国歌が演奏されると、鄭大世選手は人目もはばからず、涙を流した。

 名古屋市で生まれ、07年に北朝鮮代表に選ばれたが、そこに至る道は平たんではなかった。朝鮮籍の母の希望で、小学生から朝鮮学校で学んだ鄭大世選手にとって「母国を北朝鮮に設定するのは自分の中では当たり前だった」。だが自身は父親と同じ韓国籍。「北朝鮮代表には100%なれない」と言われたこともあるが、北朝鮮関係者の配慮で北朝鮮のパスポートを取得し、韓国籍のまま代表入りが認められた。その時のことを「目の前の大きな扉がゆっくりと開いた」と振り返る。

 点取り屋の鄭大世選手にとって、極端に守備的な北朝鮮代表の戦い方が当初は苦痛だった。チームメートに「どうやって点を取りゃいいんだ」と不満をぶちまけたこともある。その時、たしなめたのは母親だった。「周りの協力があって成し得た立場を一人のわがままで放棄してはいけない」と。チームプレーに徹しようと決めた。

 迎えたこの日。防戦一方の中でも最後まで体を張った。終了間際には味方のロングボールに必死で体を伸ばしてヘディングでラストパスを送り、一矢報いるゴールにつなげた。

 岡山県倉敷市生まれで朝鮮籍の安英学選手は、02年から代表に名を連ねる。北朝鮮は98、02年大会の予選に参加せず「代表になるという目標を持ちにくい時期もあった」が、06年大会ではアジア予選に出場。そして4年後にたどり着いた「世界の方たちが見てくれる」舞台。MFとしてチームを支え続けた。

 優勝候補の壁は厚かった。だが、鄭大世選手は「世界一のレベルを体感したことで、また自分の成長につながると思う」と前向きにとらえた。

 ◇「私たちの英雄」母国から応援団

 【ヨハネスブルク高尾具成】ヨハネスブルクであったブラジル-北朝鮮戦のスタンドには北朝鮮からの応援団約50人が陣取った。試合開始前には朝鮮半島の民謡アリランを合唱。伝統的打楽器を打ち鳴らし、強豪ブラジルの攻撃に体を張ってプレーする代表選手への応援を続けた。

 平壌から応援に来たハン・ソンヒさん(22)は、FW鄭大世選手らに期待していると話し、「代表選手は私たちの英雄。北朝鮮代表がW杯の舞台に立てたことを誇りに思うし、特別な日」と語った。また、応援団の40代男性は「44年前と同様の活躍を期待している。もちろん優勝を目指して戦ってくれるはず」と国旗を翻した。会場には在日コリアンや韓国の応援団も駆け付け、深紅のユニホームで健闘をみせる選手たちに声援を送っていた。

【関連ニュース】
南アW杯:日本人カメラマン、3人組に襲われる
南アW杯:北朝鮮録画放送FIFAは合意 貧困国向け措置
南アW杯:日本初戦勝利で早速関連グッズ好調
南アW杯:名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率
南アW杯:瞬間最高視聴率49.1% 関東地区

複数力士が「野球賭博」 自己申告、協会が調査へ(産経新聞)
中四国、近畿、東海で梅雨入り=気象庁(時事通信)
<皇太子さま>スウェーデンに出発 王室の結婚式出席で(毎日新聞)
衛藤衆院副議長「厳正な国会運営を」異例の発言(読売新聞)
<訃報>一関開治さん60歳=元北海道北竜町長(毎日新聞)
スポンサーサイト

金盗もうと大学侵入、野球部員に取り押えられる(読売新聞)

 千葉県警習志野署は6日、千葉市中央区汐見丘町、県立つくし特別支援学校講師宮田歩容疑者(34)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、宮田容疑者は同日午後0時15分頃、同県習志野市茜浜の千葉工業大学のグラウンドに無断で立ち入った疑い。

 宮田容疑者は野球部員に声を掛けられて逃走、追いかけた部員に取り押えられた。調べに対し、宮田容疑者は「金を盗もうと思って入った」と供述しているという。

新首相動静(6月4日)(時事通信)
「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
<鳩山首相辞任表明>両院議員総会詳細5止 「新しい民主党、新しい政権をおつくりいただきたい」(毎日新聞)
<日弁連>「公害訴訟事例集」作成 日中で今夏同時出版へ(毎日新聞)
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)

ぜいたく品を北朝鮮に輸出 鳥取、容疑の業者捜索(産経新聞)

 貿易が禁じられている北朝鮮に、ぜいたく品などを不正輸出したとして、鳥取県警は24日、同県境港市福定町の古物販売業「ファースト商会」の会社事務所など関係先十数カ所を、外為法違反の疑いで家宅捜索した。

 捜査関係者によると、同社は昨年2月から秋ごろにかけ、ピアノなどのぜいたく品のほか、コーヒーなど日用品を中国・大連経由で北朝鮮に不正に輸出した疑いが持たれている。

 鳥取県警は、同社が北朝鮮へ輸出しているとの情報を得て昨年5月ごろ捜査を開始。今後、押収した帳簿類などを分析するとともに、関係者から事情を聴く。

 北朝鮮との貿易をめぐっては、平成18年にぜいたく品の輸出が禁止され、核実験や拉致問題を理由に昨年6月、輸出が全面的に禁止された。

真夏日 東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
平城宮東院庭園、特別名勝指定を答申…文化審(読売新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
「辺野古」削除応じられぬ=首相発言も選択肢―官房長官(時事通信)
パチンコ店に強盗、70万円奪う 群馬・桐生(産経新聞)

赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)

 東京都品川区大井の路上で14日、小学生の女児に声をかけるバイクに乗った不審者情報が4件、相次いでいたことが15日、分かった。警視庁大井署は現場近くをパトロールするなど、警戒を強めている。

 同署によると、14日午後2時~5時30分の間、赤いバイクに乗った男が、それぞれ1人で歩いていた6~11歳の女児4人に近づき、「ちょっとこっちに来ない?」「道に迷ったから教えて」などと声をかけた。いずれの女児も会話には応じず、男はそのまま走り去ったという。

 現場はJR横須賀線西大井駅の東約1キロの住宅街で、男は直線距離で約500メートルの範囲内で声掛けを繰り返していた。現場近くには複数の小学校がある。

 同署によると、女児らは男の特徴について、30歳くらいで小太り、上下ジャージーのようなものを身につけており、フルフェースのヘルメットを着用していたと説明している。

【関連記事】
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃
すぐバレるのになぜ? “ニセ女医”お粗末な手口
少子化を止めろ!

井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求(産経新聞)
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議(医療介護CBニュース)
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ(医療介護CBニュース)
「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)
転落 東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)

北京に外務省高官派遣 金総書記の訪中受け(産経新聞)

 北朝鮮の金正日総書記の訪中を受け、日本政府は4、5日の両日、外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長を北京に派遣した。「金総書記が外交カードを切った」(外務省幹部)とみて情勢を注視している。

 金総書記の訪中は、6カ国協議の議長国である中国が協議再開に向け再三、招請していた。ただ、その意味合いは3月末の韓国海軍哨戒艦沈没事件で一変。これまでの調査で事故説はほぼ消え、北朝鮮関与疑惑が濃厚になるなか、米国が韓国に調査団を送り、日本も4月下旬に高官が訪韓して韓国政府と今後の対北政策の調整を行っている。

 韓国が行っている事件調査は14日にも報告書が発表される予定だ。北朝鮮の関与が明らかになれば、国連安保理への提訴も視野に入ってくる。

 現在、日米韓は「沈没事件の調査結果次第で6カ国協議再開は困難となる」(同)との立場で一致しているが、日本政府は、今回の金総書記の訪中で、中国側の対応に変化が見られるかに注目している。

 金総書記の訪中は「(中国からの)支援獲得と状況の打開」(北朝鮮専門家)と見られるが、韓国の哨戒艦沈没事件も絡み、日米韓vs中朝の構図で北朝鮮問題の行方全般が不透明となっている。(久保田るり子)

【関連記事】
金総書記訪中 北当局者ら「知らない」繰り返す
ソフトパワー外交 北朝鮮版「紅楼夢」中国公演
金正日(68)北朝鮮総書記 胡主席と4年ぶり会談 経済支援引き出す?
「沈没は北の攻撃」 李大統領、軍備強化にシフト
金総書記の記録映画放映
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

何人ご存知?歴史の偉人150人が並ぶゴム印の掛け軸(産経新聞)
沖縄、奄美が梅雨入り=気象庁(時事通信)
「新しい公共」推進へ宣言=円卓会議(時事通信)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ-普天間(時事通信)
<殺人放火>住宅全焼、遺体に外傷 千葉・八街 (毎日新聞)
プロフィール

Author:こまつひとり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。